文字サイズ

モニター登録する
最新調査報告
006

平成30年7月豪雨(西日本豪雨)における障害のある方々の困りごと調査

≪調査の背景≫
平成30年7月豪雨(西日本豪雨)から、もうすぐ1ヶ月が経ちます。多くの方が被害にあわれ、今も避難を余儀なくされている方がいます。移動に不自由を感じている障害のある方にとっては、避難や避難所での生活において多くの課題が見られます。今回の調査では、障害のある方が、豪雨災害に際し、どのような部分に困難に感じ、支援や対策を期待しているのかを明らかにして、今後の災害対策に活用するために実施しました。

・対象者:ミライロ・リサーチ登録モニター
・調査方法:WEBアンケート
・アンケート実施期間:2018年7月20日~2018年7月27日(有効回答数:209名)

≪調査結果サマリー≫
[1]今回の豪雨や浸水被害に対し、全体の約9割が「とても不安に感じた」「どちらかというと不安に感じた」と回答。
[2]不安に感じた理由については、全体の約6割が「歩行や移動が難しく、無事に避難できるかどうか分からない」と回答。聴覚障害のある方においては、「災害や避難に関する最新の情報を受け取りづらい」という回答が多く見られた。
[3]全体の約8割が、避難指示・勧告の情報を「すぐに入手できた」と回答。
[4]全体の約5割が、避難指示・勧告の情報を「テレビで見た」と回答。
[5]避難指示・勧告を受けた人のうち、約8割が「安全の確保ができなかった」と回答。
[7]防災において希望する配慮については、障害種別ごとの特徴がみられた。主に「移動のサポート」「情報保障のサポート」「避難所でのサポート」について意見が挙がった。

調査の詳細記事は株式会社ミライロのホームページに掲載しております。
以下からご覧いただけます。

平成30年7月豪雨(西日本豪雨)における障害のある方々の困りごと調査を実施しました